CONTENTS

しゅぺこと松澤修二
名古屋インプロ「がおりんず」主催


@大須演芸場2DAYS 応援メッセージ しゅぺこと松澤修二さん


「即興演劇(インプロ)の舞台を観るならどこのグループがおすすめ?」
と聞かれたらボクは迷わずロクディムと答えます。

台本のない即興芝居で、毎回毎回安定的に説得力のあるストーリーを展開させたり、上手い着地点(オチ)にたどり着くことが難しいことは容易に想像できるできると思いますが、ロクディムは抜群の安定性で観客を楽しませ、時にハラハラさせ、最後のオチで大いに笑わせます。

それはメンバーそれぞれが長年のキャリアで培った経験と確かな技術力に支えられた、いわば匠の技とも言えるものなのでしょうが、彼らの出で立ちは匠という言葉の醸し出す渋さや、努力という言葉のもつ汗臭さをまったく感じさせない、ポップで爽やかなスタイル。

演劇人にありがちなアクの強さや人気グループの陥りがちなオレ様的な態度は微塵もなく、 ひたすらに礼儀正しく謙虚で低姿勢な彼らの姿からは日本が誇る「おもてなし」の精神をひしひしと感じます。

そんな彼らは「この瞬間を一緒に笑おう」という言葉を旗印に掲げ、日本各地で精力的に即興パフォーマンスを行っています。 ロクディムが観客に届けたい「笑い」という一番のおもてなしを一人でも多くの人に受け取ってもらうために。

ロクディムのメンバーが即興芝居と最初に出会い、お互いを知り合ったのは彼らがまだ十代の頃だったと聞きました。
それから20年近くを経ても彼らにとって即興芝居は人生の一部(あるいは全部)であり、彼らはお互いに良き親友であり続けています。

舞台の上に立っている彼らはとっても楽しげで素敵で魅力的なのですが、舞台に立っていない時から彼らはすでに楽しげで素敵で魅力的なのです。

だから、即興パフォーマンスの中でストーリーが上手く進もうが進ままいが、オチが決まろうが決まらまいが、どう転んでも面白くなってしまうのです。

そして何度も舞台を観たくなってしまうのです。


名古屋ライブ「@大須演芸場2DAYS」の詳細&申込みはコチラから

@大須演芸場2DAYS 表面


しゅぺこと松澤修二さんが主催を務める名古屋インプロ「がおりんず」の Webサイト

名古屋インプロ「がおりんず」の Webサイト