LIVE

igoku Fes 2018

igoku Fes 2018 フライヤー

史上初!地域包括ケアの祭典をいわき芸術文化交流館アリオスで開催!


中劇場での igoku 表彰式やケーシー高峰師匠らによる舞台公演(整理券要)、中リハーサル室での「シニアポートレート撮影会」、カンティーネでの「つどいの場グルメ」のほか、入棺体験コーナーなど盛りだくさん!

出演/ケーシー高峰、即興演劇集団6-dim+(ロクディム)、オナハマリリックパンチライン ほか


 紙の「igoku」でも、Webサイト「igoku」でも、ご自身やご家族が、今、介護状態などの「当事者」だけでなく、「まだ先のことだよね」と思っている方々にも、手に取ってもらい、見て、読んで、そして、(ちょっと)考えてもらいたいという思いで、取材し、写真を撮り、文を書き、デザインして、届けようとしています。

 日々、このいわきの各地で起きている様々な取り組みや“いごき(動き)”は、紙媒体やWebで、“間接的に”お伝えしていきますが、年に一度は、みんなで集まって、“直接的に”体験しませんか?「igoku」でお伝えしてきた、あの人に会えるかも。あのおばあちゃんの味が食べられるかも。「認知症」「介護」「家で死ぬ」?そんなことも、難しく勉強するんじゃなく、泣いたり、笑ったり、自分がやってみたりしながら、考えたり、感じたりする一日。それが、『igoku Fes 2018』です。

 元気な人、素敵な団体、オモロイ取り組みを紹介します。家で暮らし、家で死ぬということを、即興演劇集団6-dim+(ロクディム)が、抱腹絶倒の劇で。生きること、それも健康に笑いながら生きることを、ご存じケーシー高峰師匠が漫談で。その他にも、コンテンツてんこ盛りです。楽しみながら、体験し、「生」と「死」をちょっとだけ考え、大事な人と話し合う機会になれば。

 igoku Fes 2018、ご家族・ご友人お誘い合わせの上、是非お越しください!

文・猪狩 僚(igoku Fes 統括プロデューサー)


igoku Fes 2018

[日時]2018年2月3日(土)
11:00〜15:30 入場無料

[出演]ケーシー高峰、即興演劇集団6-dim+(ロクディム)、オナハマリリックパンチライン ほか

[お問合せ]いわき市 地域包括ケア推進課 0246-22-1202

[会場]いわき芸術文化交流館 アリオス
福島県いわき市平字三崎1−6
http://iwaki-alios.jp/

igoku Fes 2018 いわきの地域包括ケア、いごいています