ワタリの雑談

20190207(木)

ロクディム稽古。

3/1に開催する「浅草六笑」の確認。

その後、ご飯。

そして稽古。

稽古は今回はワタリが担当。

90秒乗り合っていこうワーク。

今できる精一杯で稽古する。

今までやれてきていることをやるのは意味がない。

より細かく。より繊細に。かつ遊び合う。

とにかく向き合う。

向き合うからこと、うける傷がある。

でもそれを言い合えない関係だとしたら、一番大事なところでもっと傷つくことになる。

メンバーの関わり方を見て、全部が全部楽しい時間ではない。ドヨーンとする時もある。でもそれも良い時間。とワタリは思っている。

またやっていく中でロクディムが大事にしていることも確認していく。

確認するには、皆の「違和感」が大事。

言葉になりづらいこともある。でも言葉にしていく。

今何のためにやっているのか?ということも振り返りつつ、進んでいく。

うまくなるためにがメインでなく、稽古を通して気づきをたくさん味わうことが大事。そうするともっと大きく広く優しくなる。

「この瞬間を一緒に笑おう」を体現するために。

皆で頭や体や脳に汗をかいて関わっていく。

それは、もっと人を愛するための取り組みのようだ。とワタリは思う。


ロクディム2019年の東京LIVE第一弾「浅草六笑」!ゲストは原田茶飯事!
詳細はこちらまで。