カタヨセのエッセー

去と今と来

1年という時間はあっという間で、去年の今日、自分が何をしていたか思い出すのは僕にとっては難しい(汗。

今度の土日に6-dim+(ロクディム)で香川・高松と岡山・岡山へ行く。高松ではワークショップと公演、岡山では2回公演を実施する。

岡山はロクディムとしても個人としても初めて訪れるところで、数日前に岡山でワークショップをしてきた渡から話を聞いたところ、先日の豪雨の被害が大きかったところもあるがそうでないところも多く、多くの方が今回の公演を楽しみにしてくれているという話を聞いて、ほっとした。

僕たちのような活動が「できること」ことは、ほとんどない(と言ってもいいぐらい少ない)と思っている。

けれど、だからこそ、何もできないのではなく、僕たちだからできることを、ただやるだけなのだと思う。

今回僕たちを呼んでくれるのは、岡山の地域の演劇人口(鑑賞人口・創造人口)を増やすことにより地域の活性化を目的とした集団LOOP⑩。

ロクディムを楽しみにしてくれている方がいて、そこに行きたい僕らがいる。

即興という聞きなれない(かもしれない)表現方法で、「今」という「この瞬間」の貴重さと楽しさを目一杯体感してもらいたい。というか、一緒に楽しもう!遊ぼう!笑おう!が適当だ。

ぜひ、会場でお会いできることを楽しみにしています。

初めての方には特に気軽に会場へお越しいただきたいです。本当に楽しい時間になります。時々感動の涙が流れます。でもそれは、僕らが素晴らしい物語をつくるのではなく、あなたが、そこに居るから、来てくれるから、生まれる物語なのです。

あなたが居るから。あなたが居てくれたから。
去年も、今年も、来年も、思いが続いていく。

追伸
そしてママカリを食べたい。

ママカリ(サッパ)

2018年7月31日