CONTENTS

IMG_5700

今回の公演ロクディム第9回東京単独ライブ「BORDER-OVER」に向けた想いや、
タイトルに込められた決意などなど、
ロクディムメンバーそれぞれが、それぞれの言葉でお届けします。

観に来てくれるみなさま、応援してくれているみなさまへ、

ロクディムメンバーによる「境界を超えるメッセージ」

第4回目はりょーちん編です!


今回のライブのテーマは、
「BORDER-OVER」
境界。そしてそれを超える。

子どもたちによく言われることがあります。
「りょーちん、髪は洗うの?」
そんな時は、
「うん、洗うよ。地肌を洗うのもシャンプーは大事だからね」
なんて、大人な返しをします。
そうすると、辛辣なコメントをくれます。
「必要ないのに」

またこんなことを言われることもあります。
「顔洗うとき、どこまで洗うの?」
そんな時はまたコミカルに返します。
「遮る物がないから、頭の上まで泡がいっちゃうんだ」
そうすると、子どもたちは笑いながら言います。
「どこまでが顔なんだろうね」

解剖学的には、
「顔の境界は鼻のつけ根のまゆ毛を通って耳の穴に達する曲線で,その上が頭,下が顔」
といわれています。
つまり、おでこは頭。
ということは、全ての人の顔と頭の境目は一緒。

しかし、と言っても「おでこ」は明らかに顔だという認識の方が多いはず。
むむむ。

ということで、結論。

僕の顔と頭の境目は、ほぼ判別不可能だと言うこと。
たぶん、頭さんが顔さんへの不可侵条約を侵し、顔さんへ侵入を試み、それがものの見事に成功し、頭さんとの領土部分が不確かな状況になっている。
ああ、なんてことをしてくれたんだい。

そして、領土の主であるりょーちんは、さらに状況を不明瞭にするために、スキンヘッドなる方法で事態の打開に入った。
これがさらに周りの人たちを混乱の渦へと巻き込んだ。
「ああ、君たちの境界はどこなんだ!!!」

なら、地球である僕はこう答えよう。
「もともと境目なんて存在しないんだ。だって、僕は僕。地球は地球」
そう。僕は超えてしまったのだ。
頭と顔の境目もないのだ。
なんなら、自分の境目もないのだ。
自分即平和。

ああ。そしたら、自分にも皆にも問いかけよう。
「境界。それは自分で定めたものではないのかい?自分で定めたものなら、超えられるんじゃないのかい」

ロクディムは超える。超えたい。
今日の自分たちより、明日の自分たちへ。
僕も超える。今の自分より。
明日の僕はどうだい?

12月19日のライブ。

いつも以上に磨きをかけて、お客さんをさらに惑わせることができるように臨みます。
「りょーちん、今日の朝は、顔頭を洗ってきたのかい?」


ロクディム 第9回 東京単独ライブ「BORDER-OVER」

ロクディム第9回東京単独ライブ「BORDER-OVER」

[日時]2015年12月19日(土)
昼回|BORDER|12:30 open / 13:00 start
夜回|OVER|17:30 open / 18:00 start

[出演]ロクディム(渡猛、カタヨセヒロシ、りょーちん、小田篤史、名古屋淳、LEE) 小西真理

[会場]VACANT http://www.vacant.vc
東京都渋谷区神宮前3-20-13 2F
原宿駅から徒歩8分|表参道駅 A2出口から徒歩8分|明治神宮前駅 5番出口から徒歩5分

[料金]一般:前売3,000円/当日3,500円
学生:前売2,000円/当日2,500円
小学生:前売1,000円/当日1,500円
昼夜通し券[一般向]:前売5,000円/当日7,000円

[主催]ロクディム・オフィス

※各回1ドリンク付き
※前列はピクニック席(床にアウトドア用の折畳み座椅子or座布団)、後列は椅子席
※全席自由席(ご来場先着順でお好きなお席をご利用ください)
※未就学児童のお客様は入場無料
※学生=中学・高校・専門・大学の各種学生
※学生券をお求めの方は当日学生証をお持ちください。


[チケット取り扱い]ロクディム・オフィス

下の「予約する」ボタンを押すと立ち上がるメールの本文中に「ご希望の回(不要な方を削除してください)/参加人数/代表者名/ご連絡先」をご明記の上、送信ください。折り返しご予約の受付完了メールをご返信します。お申し込み後3日経っても返信が確認できない場合は、恐れ入りますがご連絡ください。
※お支払いは当日精算になります(現金のみ)。ご入場時に受付でお支払いください。

[チケット取り扱い]e+(イープラス)

ロクディム第9回東京単独ライブ「BORDER-OVER」

ファミリーマート各店店頭の「Famiポート」で直接購入もできます。