カタヨセのエッセー

告別式

今日、告別式に参列させていただいた。
会場に入って聞こえてきたBGMが「いい湯だな〜、あははん」だった。ヤラレタと思った。

笑顔の遺影、その前にそっと置かれた小さな箱。
それらを包み込むような花祭壇。
白い花が左から右へ、後ろから前へ、流れるように生けられて、こちらとあちらの世を繋ぐ川のように見えた。

ご家族や近親者向けのあたたかな式だった。
告別式が終わり精進落としとなったが、ご家族ご親戚の方の場であろうと思われ遠慮させていただいた。

会場を出る際にご家族の皆様へご挨拶させていただき、特に奥様には、舞台でご一緒させていただいた時の凄まじい生き様を見せていただいたこと、たくさんの学びがあったこと、ご一緒させていただいて光栄だったこととそのお礼などをお伝えすると、そうでしたか、そうでしたか、ありがとう、と優しく声をかけてくれた。

ご家族皆さんの想いにあふれた貴重な時間に参列させていただき、本当にありがとうございました。